...[T]amo...

우리 내일도 만날수 있지?


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おめでとう。

12481IMG1.jpg

尾崎。
46歳の誕生日おめでとう。
46歳の尾崎には会えなかったけど、尾崎が生きていた時間を、私はとっくに超えてしまったけれど、尾崎からは卒業出来そうもないな。

クロスタワー、今日は行けないけど、人が集まらない時に、1人でひっそり会いに行って来るね。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/29(火) 11:01:06|
  2. ozaki
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほっといて欲しい。

なんだかんだとうるさい。
週末は週末で、一週間のまとめのニュースやってるから、TV付けてると嫌でも飛び込んでくる。

尾崎の遺書が出て来た。

なんか、もううんざり。
雑誌は見てないけど、TVでの報道を少し見た限りでは
「尾崎がそんな事書くかよ」
って言うのが私の率直な感想。

「先立つ不孝をお許し下さい」
とか?
「少し前から死のうと思ってました」
とか??

尾崎を知ってる人なら、そんな事、「あの」尾崎が書くか??って疑問に思うはず。
しかも、その遺書を家族でも親族でも弁護士でもない、ジャーナリストがずっと持っていたとかね。
奥さんに「子供が物心ついて大人になるまで公表しないで欲しい」と言われていた。とかね。
色々ちんぷんかんぷんですよ。

そしてこのタイミングは、尾崎の息子がアーティストとして活動を始めたからだとか?
全く理由になっていないですけど。

警察から「遺書はなかった」との公式発表があったのに、なぜジャーナリストが持ってんの?
息子が大人になるまで自殺である事を隠している必要が一体どこにあるの?
事実なら逆に物心つかないうちに全てクリアにすればいいんじゃない?

もう私たちファンは、そういう事はどーーでもいいのよ。
いつまでも、尾崎の音楽以外の事で騒ぐのはやめて欲しい。
もうそっとしといてよ。

あんなインチキくさい遺書の存在とかさ、きっと尾崎は今頃天国で苦笑いしてるよ。
  1. 2011/11/13(日) 11:24:39|
  2. ozaki
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

泣けるほど大切な思い出。(動画追記。

あれから2週間。
書きたい事や残したい事は色々あるけれど。

仙台で被災した兄家族の安否がわからなかった数日間、最悪の事も考えてしまったり、とにかく不安で眠れなかったあの時の恐怖も少しずつ薄らいできました。

しばらく頭痛と吐き気がおさまらなくて、めずらしくお薬なんぞを毎日飲んでいたけど、今はもうお薬は飲んでいません。
もともと、よっぽどの事がない限り飲まない人なので。

そんな中、音楽でも聴いてリラックスしようとしたけれど、何を聴いたらいいかわからない...。
選んだのは「尾崎豊」でした。
ちょうどTVでドラマもやっていて、成宮が尾崎役を熱演。
ちょっとびっくりした。
賛否両論かもしれないけど、本当に時々どきっとするくらい尾崎に似た表情をしたりして驚きました。
歌は・・ちょっと残念だったけど、彼は俳優だし尾崎のように歌えと言われてもそりゃ無理だよね。



TVを見ながら・・尾崎の歌を聴きながら、
尾崎は今、なんでいないんだろって思っちゃったよ...。



こんな風に笑って、こんな風に話す尾崎なんて、きっとファンしか知らないよね。
今見ても、本当にカッコいい。
1985年の尾崎。



尾崎を聴きながら歩いてる時、街で某アーティストが歌う尾崎のカバー曲が流れて来て、それもすごく嫌で。
尾崎がライブ中に「俺の歌を歌うな!」と叫んだのは有名な話。
生きていたら...きっと自分の歌を他の誰かが歌うなんて事、絶対に許さなかったはず。
どんなにうまいアーティストでも。
どんなに有名なアーティストでも。
どんなに自分が好きなアーティストでも。
やっぱり尾崎の歌を他の誰かが歌っているのは聴きたくない。
カラオケやモノマネなんか本当に嫌。

尾崎の歌は、尾崎だからこそ歌える歌なのだと、今でも思っています。
尾崎を聴いていたら、すごく会いたくなってきました。
会いに行ってこようかな...。

  1. 2011/03/27(日) 00:51:45|
  2. ozaki
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

尾崎豊・尾崎裕也・ソテジ



韓国のマニア達が、学生時代夢中になって聴いていたのがソテジだったのだとしたら、私にとってはそれが尾崎豊でした。

生きていれば45歳の尾崎。
彼のDNAは確実に息子・裕哉くんにうけつがれていて、この合声を聞いて涙が出ました。
こんなに似てるなんて。



賛否両論だろうけど、私は早くテジに結婚してほしい。
そして息子を授かってもらって、テジのDNAを受け継いで欲しい。

尾崎の死から19年経ったけど、私は相変わらず尾崎が好きで、その息子が尾崎の歌を歌ってくれるという事に、身体が震えるほどの感動を覚えています。

同じ感動を、いつかテジの息子からも味わいたい。
ソテジという素晴らしいアーティストのDNAをソテジだけで終わらせるのも、それはそれで唯一無二でいいけれど、私は欲張りだから。

亡くなったはずの尾崎を、息子の裕也君から感じて思い出して涙が出て、やっぱり「ソテジ」を受け継いでくれる息子がいたらな~なんて思いました。

相手はテジが選んだ人なら誰でもいいです。

  1. 2010/12/11(土) 15:43:39|
  2. ozaki
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

尾崎 誕生日おめでとう......。



尾崎が亡くなって、命日よりも誕生日を覚えていようと思っていました。
彼が亡くなった時の、あの頃の自分は思い出したくなくて
本当につらかったけれど、
それでも今私は生きています。
尾崎の歌も、私の中で生き続けています。

Sharion3-YutakaOzaki.jpg
  1. 2009/11/29(日) 22:41:51|
  2. ozaki
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

..profile..

..nao

Author:..nao
...seotaiji mania...

はじめに。

...naoへmail...

..번역기..

  • Korean
  • English
  • ..diary+comment..

    ..calendar..

    06 ≪│2019/07│≫ 08
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    ..category..

    ..link..

    このブログをリンクに追加する

    ..search..

    QRコード

    QR

    ..RSSfeed..


FC2Ad

▲PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。